1.丹沢/鳶尾山(新年山行)  

期 日:1月6日(日) 日帰り 曇り

参加者:L佐藤邦弘、SL杉江秀明、森田隆仁、小原紀子、木村真知子、前田省吾、安瀬はる江、派田正、宮澤恵子、助廣弘子、竹田早苗、黒澤寿子、峰尾欽二、鎌田文子、堤理恵子、小磯登志子、大貫文正、松本悦榮、横川芳江、山本正、岩田孝支、服部健、花崎豪、赤沼隆司、白石克人 計25名

コース:本厚木駅=鳶尾団地バス停912―天覧台公園―展望台101323―鳶尾山山頂10501105―やなみ峠1114―ハ菅神社1150―某所11551330―展望台1340225.7m三角点1400221mピーク―上荻野バス停分岐1419224mピーク1430―下山口1515―田代半僧坊・勝楽寺1530―半僧坊前バス停1550

 新年山行はおでん鍋とお酒がつきもの。近くて低い山を対象に考えた末、厚木市と愛川町の境に位置する鳶尾山を山行先にした。一週間前の当日のお天気は南岸低気圧の通過が見込まれ、大雪も予想されて、テレビ等は注意を呼び掛けて騒がしい。近年例をみない新年山行の中止もやむなしかといやな気分となったが、幸い南岸低気圧の進路はだいぶ南下して、最悪の事態は避けられた。

 天覧台公園の長い階段を上がりきると山道になり、冬枯れの雑木林が気持ちよく、団地の裏山とは思えない山奥の雰囲気。振り返ると大山などの丹沢の山なみが浮かんでいる。さらに進むと金毘羅社跡を通り、高くそびえ立つ鉄筋の展望台に着く。骨が折れるが登って見れば、360度の大展望。スカイツリーもはっきりと眼に映り、眺望を満喫した。

 歩き安い道が続き、ひときわ高い鳶尾山の山頂が眼に入る。登り返して鳶尾山山頂に到達。日本で初めて置かれたという一等三角点を確認。開けて視界はよいが、風が冷たく寒さがきつい。迷わず、山頂で鍋を囲むのはやめることにして、集合写真のみを撮り、かつて修験道で栄えたハ菅山に向かう。やなみ峠からは舗装された道に変わり、もったいないほど降っていくと民家が現れ、その先にハ菅神社。鳥居をくぐると、鬱蒼とした静寂の森。本殿に辿りつくには、急で半端なく長い石段を登らなければならなかった。

 寒風を避けた某所で新年山行恒例の温かいおでん鍋を囲む。小さい紙コップにワインと日本酒を注ぎ、新春を祝い、今年の健康と安全を願って乾杯。おでん以外の食べ物もぜいたくに並べられ、大いに食べて、お酒も入り、総勢25名の野外の宴はにぎやかに楽しく盛り上がった。

 下山ルートは一般のハイキングコースから外れ、夏の暑い季節には藪でおすすめできそうにもない山道を降り、最終目的地の田代半僧坊・勝楽寺を目指して約15分の舗装道路歩き。とてつもなくりっぱな山門(三門)がそそり立ち、圧倒される思い。広い境内には我々グループ以外に人影を見かけず、バス時刻に合わせて参詣を済ませ、最寄りの半僧坊前バス停から本厚木駅行バスに乗った。危ぶまれた平成最後の新年山行もお陰様で無事に終え、幸先のよいスタートとなった。(佐藤邦弘)


美しい冬枯れの雑木林

端正な大山の山容

鳶尾山に向かう

鳶尾山山頂にて

鳶尾山山頂の三角点

ハ菅山に向かう

ハ菅神社本殿

厳かな勝楽寺山門

山行記録に戻る 

2.秩父/猪狩山~秩父御岳山

期 日:1月12日(土)日帰り 晴のち曇

参加者:L安瀬はる江、SL神谷敏裕、前田省吾、松宮俊彦、黒澤寿子、佐藤邦彦、峰尾欽二、鎌田文子、堤 理恵子、横川芳江、山本 正、繁村純夫、繁村美知子、安田幸司、高木弘司(川崎支部) 計15名 

コース:西武秩父駅9:00=タクシー=猪狩神社9:2540―猪狩山10:3545882m独標11:0510P834m 11:3512:00ータツミチ12:1520ー秩父御岳山山頂13:1013:25P732.9m14:2530―車道15:25―三峯口駅15:3546           費 用:ジャンボタクシー2台13240円

今年の干支の山、猪狩山。猪狩神社の奥宮があるP760mが猪狩山山頂。昭文社地図のP822mは独標で、鞍掛山は山稜全体を指している。里の猪狩神社で安全祈願をし、SLがトップで出発。林道分岐から200m位急登を凌ぎ、猪狩山山頂に到達。そこには社があり、灌木に囲まれて、こぢんまりしていた。猪狩山の山名板等は見当たらなかった。P822mには赤布等があり、三角点はない。稜線を辿るが、地図にない林道がすぐ下を走っていた。一般登山道だが、痩せた岩稜帯もあり気を抜けない。稜線の南側は植林帯だ。北側の自然林の樹間からは両神山の勇姿が見えていた。P834mで早めの昼食を摂る。その先のタツミチ分岐で一息いれて、一気に御岳山山頂を目指した。山頂には社があった。曇り始めていたが、360度の景色が望めた。西北西には昇龍のような尾根が四期萩から両神山へと続いていた。北東側に谷川、武尊、赤城が遠望できた。正面の雲取、和名倉山は雪を纏っていた。展望に満足して下山始める。植林の中、穏やかな登山道だ。途中、道から外れた732.9mの三角点に立ち寄る。四等三角点で四角柱の上に丸い金属盤が載っていた。珍しい様相だ。そこからTさんが猪狩山の稜線を発見、お得気分がした。朝の急登は垂直に近かった。登山道に戻り、鉄塔からの急下降をこなし、車道に下り立つ。(にえ)(がわ)宿のかかしに見送られ三峯口駅に向かった。(安瀬はる江)


P834の登り

猪狩山への急登

P822からの下り

林道から登山道へ

猪狩山山頂

P822独標

秩父御岳山からの展望

秩父御岳山山頂

732.9の三角点

贄川宿のかかし

 山行記録に戻る 

3.丹沢/ 小倉山~牛松山(本部合同)  

期 日:1月19日(土) 日帰り 快晴

参加者:L佐藤邦弘、SL助廣弘子、SL矢澤孝二、SL山口音子、森田隆仁、前田省吾、宮澤恵子、

     竹田早苗、黒澤寿子、峰尾欽二、堤理恵子、大貫文正、米田 覚、若松節子、花崎 豪

     支部 15名  その他支部外22名 合計37名

コース:橋本駅北口833=宮原バス停854―小倉山登山口928―八坂神社跡953―小倉山山頂1013―313mピーク1028―小倉山林道分岐1047―第一展望台104856―小倉山林道1106―三増峠入口1120―馬頭観音手前11451215(昼食)―馬頭観音1219―一般道路1235―牛松山取付点1241―牛松山山頂131020―クラブハウス1348―三栗山展望台1416―福寿院1440―愛川高校入口バス停14501511=海老名駅西口1600

 雲のない青空が広がり、柔らかい陽射しが注いで、打って付けのハイキング日より。参加者総勢37名。日頃静かな東丹沢の麓の里山は我々のグループで賑やかであったが、冬枯れの低山歩きを存分に堪能した一日となった。

 相模原市の宮原バス停を下車。巨大なコンクリートの圏央道の下をくぐり、バス停から約30分を要して、お茶畑が広がる小倉山登山口に到着。畑の奥の歩道橋を渡り、山道に突入。道は明瞭で積もった落葉が足に気持ちが良い。途中で高みにある八坂神社跡に寄り、登り始めて約45で三等三角点の置かれた山頂に到着。ピークらしくない山頂は周囲が笹藪で、展望はゼロ。古びた山頂を示す標識がこっそりとあった。長蛇の列のため山頂を確認するだけで、ゆっくりと通り過ぎる。

 第一展望台に向かう。313mピークの手前で土が剥き出しの急坂が出現。ロープもあったが、滑ること半端でなく、四つん這いで登る。今日最大の難所であった。第一展望台と呼ぶところは送電線鉄塔の下。高みの場所だが、標識もなく、周囲は木々で覆われていて展望は利かず、かつての面影はなかった。

 小倉林道に降り、15分程歩いて、三増峠に続く尾根道に入る。展望のよい牛松山で昼食休憩を予定していたが、到着は12時をかなり過ぎそうだ。馬頭観音に近くの、陽が射して明るく、暖かい場所に出た。展望もよく、ここを急遽昼食を摂る場所にする。眼下にゴルフ場が迫っている。昼食後、馬頭観音の地点で三増峠への道と別れ、一般道路へ降る。心もとない山道で、出口は藪化していた。

 一般道路から踏み跡を辿って、牛松山に続く尾根に乗る。暖かい陽射しを浴びて、東丹沢の山なみを眼にしながら進む。眼下は広大な霊園。レンガ色のトラックをもつ陸上競技場。尾根上には桜の木が目に付く。前方が牛松山だ。山頂には石碑が置かれ、説明板、ベンチがあった。東から南の展望に恵まれ、相模湾や東京、横浜方面を遠望する。

 クラブハウスのそばから階段が付けられ、三栗山を目指す。三栗山への道は尾根が広く、整備されて歩きやすい道だが、結構な起伏があり、ずっと歩いてきた者にはこたえる。真新しい標柱が立つ三栗山展望台で一息いれる。樹間からの視界はあったが、展望台の名は少し誇大か。

 ここから天狗松の石碑が立つ天狗山を通過し、いよいよ下山も近い。霊園の脇からショートカットで福寿院に降り、バスの時刻に合わせて急ぎ解散とする。当初の計画にはなかったが、JR横浜線方面へ出る人は梅沢バス停から乗車、海老名駅西口に出る人は愛川高校入口バス停乗車の二手に分かれることになった。

 お陰さまで本部合同は最高のお天気に恵まれ、事故もなく無事終了。ご参加の支部の皆さまにはたくさんのご支援・ご協力をいただきました。本当にありがとうございました。(佐藤邦弘)


小倉山の全景

小倉山登山口に向かう

小倉山山頂の三等三角点

眺望なしの小倉山第二展望台

陽の当たる場所で昼食休憩

風雪に耐えて残る馬頭観音

牛松山を目指す

牛松山山頂にて

 山行記録に戻る 

4.道志/入道丸~大平山

期 日 :1月24日(木)日帰り  晴

参加者 : L小磯登志子、SL佐藤邦弘、澤田治之、上野進、峰尾欽二、杉江秀明、山本正、服部健、

神之村均(支部外) 計9名

コース: 橋本駅6:53発=三ケ木発7:40=伏馬田入口8:03―石砂山分岐9:00―菅井下バス停9:40―鉄塔(綱子下り口)10:08―綱子集落10:30―綱子峠登山口10:4045―綱子峠11:0832―大平山12:3645416m13:3035―林道14:3745―奥牧野バス停15:00

道志の平丸・東野間が通行止めになっていることを知ったのは三ケ木バス停に着いてからだった。リーダーの事前情報の確認不足である。バス発車時間を気にしながら急遽作戦会議。山を変更しようとの案も出たが、今回の目的である綱子峠から先のVルートにこだわった結果、伏馬田入口から石砂山への登山道を登り、稜線に出たら西に向かって菅井下まで降りる。その後登り返して峰山方面へ。途中から綱子集落に降りたら再度綱子峠に向かうという変則的なコースをひねり出した。

綱子峠までは緩やかな一般道で里山ハイキングといった感じ。綱子峠に11時着。少し早いが昼食を摂り大平山に向かう。今までのハイキング気分は一転。バリエーションらしくなってきた。目指すルートは北に向かう尾根をたどれば良いのだが、ピークごとに枝尾根が張り出していてそちらの尾根の方が断然緩やかなのだ。漫然と歩いているとその尾根に引き込まれてしまうので現在位置の確認とコンパスの修正が欠かせない。更にピークからの下りがどこも急でザレているので気が抜けない。

ハプニングが一つ。500mピーク手前の鞍部でKさんのアイゼン袋(12本爪!)がザックから外れて谷底に転がってしまった。簡単に拾いに行ける場所ではないので後日探しに来ることになったが、かなり難儀する場所ではある。

大平山直下で単独者と会う。416mが最後のピークだ。ここから綱子川に降りるまでが難しい。東に向かう一番緩やかな尾根筋を目指して急なザレを下る。川が見えてきた場所は平な台地になっていた。川には降りられるが対岸は崖で林道まで登れそうにない。

一旦台地に戻り上流と下流を探索してみると、下流側の対岸にテープが見えた。そちらに向かってトラバースする踏み跡を辿るが崖になっていてなかなか降りられない。杉の植林地あたりまで行くとようやく安全に川に出ることができた。少し先の右岸に小尾根が張り出していてそこが登れそうだ。水量の少ない綱子川を渡渉してようやく林道まで上がることができた。

バリエーションで尾根の末端が川の場合はルート選択が難しい。下降のルート、渡渉ポイント、渡渉後のルート、これらを全て確認してから川に降りないといけない。今回は最後のこの場面でウロウロしてしまった。結果的には一番安全と思われるルートで林道に上がれたことで良しとしたい。(小磯登志子)


伏馬田城址方面に向かう

峰山に向かう尾根

綱子峠

ザレた急登が続く

大平山

最後のピークから綱子川に向かう

降り立った綱子川の渡渉

 山行記録に戻る 

5.阿武隈/日山・蓬田岳

期 日:1月26日(土)~27日(日)一泊二日 晴、曇り

参加者:L萩原克己、矢澤孝二、黒沢寿子、山口音子、横川芳江、支部外石原紀男、後藤勝弘 計7名

コ-ス:26日:日山茂原登山口902一キャンプ場1012一鳥居1034一あずまや1055一日山頂上122545一鳥居13381445マイクロバス駐車場

27日(日)小野新町=蓬田レクリエ-ションの森9201040頂上10551152登山口

費 用: タクシ-代金¥16000(船引~茂原登山口)、¥9600(小野新町~蓬田岳登山口2台分)、

宿代¥7500×6=¥45,000+キャンセル代、¥4000=¥49000

前日の夜からこの地方には珍しく大雪が降り、磐越東線の沿線は雪の恵みでまるで山水画の霧氷の世界になっていました。

 船引の駅からマイクロバスで、運転手が田沢登山口を間違えて、茂原登山口の手前まで車で入りました。車道を少し行くと分岐があり、道に迷っていると土地の親父さんが親切に道成に行けば良いと教えて貰いました。

 少し雪があり、凍っている車道を延々と1時間ほど歩くと、だだ広い展望の良いキャンプ場着き、そこから30分くらい歩くとバンガロ-、管理事務所があり、人っ子一人もいない閑散とした登山口の鳥居に着きました。

 そこから急な手すりのある階段を登ると、日山までのなだらかな稜線が手に取るように見え、登行意欲をそそられました。

ぐるっと尾根を巻いていく感じなので距離は案外あり、青空ノ下霧氷の雪道の下の落葉を踏みしめながら快適に進んで行くと、頂上直下は急なので女性何人かはザックを置いて登りました。

 神社に着き、ここが頂上かと思ったら、その先に立派な木の展望台があり、その先が三等三角点の頂上でした。この時期、雪の山頂を踏めたことは感激でした。少し曇っていたので余り展望は良くありませんでした。

日山は阿武隈山系で大滝根山に告ぐ1000m以上の山で、色々伝説があります。

 山頂は風もあり寒く、帰りの電車の時刻もあり早々に山頂を後にしました。

 帰りの凍結した車道でYさんが滑って左手を骨折したらしいので地元も外科病院で応急措置をして貰いその日の新幹線で帰ってもらいました。

宿に着いてみると(私だけYさんに付き添って病院まで行ったので)、みな食事が待ちどうしそうでしたので早々に風呂に入り一緒に食事をし、早々に寝床に入りました。宿の廊下が寒かったね! 風呂はナトリウム塩で良かったです。

27日(日)宿の車で小野新町まで送って貰い、そこから蓬田岳の登山口までタクシ-2台で行きました。

 登山口に着いてみると車が何台かありましたが!

端正な三角形の山容が見え登頂意欲が湧きました。登山口の鳥居をくぐりのぼり始めました。誰も登っていないかと思いましたがトレ-スがありましたね!その単独行の登山者とは登り始めて30分程で下りて来るときに出会いました。登山道は樹林帯の中を沢筋に付いていて、一直線に急な単調な登りが続き、沢又コ-スの合流点の尾根に出ると頂上まで400mの標識がありしたが案外ありましたね!

 頂上は一等三角点で天気が良ければ展望は良いのですが生憎の曇り空で!下りは探検コ-スにすることにしました。直下は案外急でしたが階段状の木道の下りが続きうんざりしてくるほどでした。

 下りてくると、青空になっていて、カッコイイピラミダルな蓬田岳が迎えてくれました!

バスの時間まで余裕があるので、バス停近くの繁盛しているラ-メンやで一杯飲みながら今回の山行の締めくくりをしました。萩原克己

 山行記録に戻る 

6.奥武蔵/蕨山

期 日:2月2日(土) 日帰り 快晴

参加者:L萩原克己 SL佐藤邦弘 飯嶋光江 計3名

コース:飯能駅740=名郷835900―屈曲点(稜線)955―蕨山展望台11391216―藤棚山1255―大ヨケノ頭1439―中登坂1415―金比羅神社跡1443―さわらびの湯1526

 小1時間かけて終点の名郷バス停に到着。バスの乗客はそれほどでもなく、立ち乗りの人はいなかった。前々日に雪が降ったが、冬晴れの青空ですがすがしい。名栗川に架かる橋を渡り、林道を歩く。薄い雪が地面に残っている。林道の終点からいよいよ山道。杉林で暗く、陽が当たらずに寒い。かなりきつい急斜面を登り、明るい稜線に出た。ここはから尾根に乗り、ひたすら蕨山を目指すことになる。高度をあげていくと雪が現れ、次第に雪は深くなり、積雪30cmぐらいのところも。北面の尾根なので積雪は予想したが、思ったより雪が多い。前に歩いた人の付けたルートを追う。慎重さが必要な数箇所の岩場の通過も強いられた。何度か雪で滑り、倒れて両手を雪のなかに突っ込んだが、雪が柔らかく、結局アイゼンは出さず仕舞いであった。

 展望台に到着。1033mと書かれた大きな標識が立っている。先着の3人がベンチで休んでいた。実はここが山頂と思っていたが、家に帰り、インターネットで調べてみると、ここは本当の山頂ではなかった。手前の有間山への分岐を有間山方面に進むと展望のない本当の蕨山山頂1044mがあったようだ。展望台はそれほど広くはないが、武川岳や伊豆ヶ岳が手に取るように見える。ゆっくりと昼食を摂り、展望台を後にする。直下は雪が深い急斜面で滑りやすく、緊張しながら降り終える。道は緩やかとなり、青空のもとで陽が射し、地面は白く、明るくなった冬枯れの雑木林がきれいだ。

 高度を下げていくと南面ということで雪はなくなり、快適な道に変化し、要所に道標。河又と記された方向に進む。藤棚山、大ヨケノ頭を通過。静かな世界だ。金比羅山は山頂を踏まずに巻く。14時21分、右手の眼下に名栗湖が視界に入る。しばらして金比羅神社跡に着く。脚に疲労感を覚えてきた。ここからは下山口も近いと思ったが、予想を超えて長い。ようやくお墓を突き抜け、さわらびの湯バス停に辿りついた。帰路の飯能駅行バスは10分後という幸運。所要時間約6時間30分。絶好のお天気に恵まれ、静かな冬の奥武蔵を堪能。飯能駅近くの大衆的な中華料理店に立ち寄り、3人で祝杯をあげ、今日の山行を締めくくった。(佐藤邦弘)

山行記録に戻る 

7.道志/ 石老山(川崎支部合同)

期 日:2月11日(月・祝) 日帰り 曇り

参加者:L佐藤邦弘 SL大貫文正 前田省吾 矢澤孝二 峰尾欽二 服部 健 平本由美子 花崎 豪

     赤沼隆司 中川英子 10名  川崎支部 9名  計19名

コース:相模湖駅900=石老山入口バス停910―相模湖病院934―顕鏡寺9531005―融合平見晴台―103143―石老山山頂111550―大明神展望台12501300―下山口1338―船乗り場分岐1400―舟乗り場1410=渡し舟=相模湖公園14:30―相模湖駅1443

 今年で川崎支部との合同山行は4回目を数える。過去3回とも丹沢で岳ノ台、櫟山、シダンゴ山と続いている。今年は当支部が計画を担当する番。先ずは丹沢の山域で、近くて手頃な山を探してみたが、適当な山が見つからず、神奈川県北部に目を向け、ハイキング入門の山として知られる石老山を選んだ。

 数日前に天気予報は雪のマークが付き、残念ながら山頂での「煮込みラーメン」をつくって楽しむ計画は早めに取りやめとしたが、前日の予報は厳しい寒さが予想されるとしても、概ね曇り。川崎支部と打ち合わせて山行は決行することになった。相模湖駅に着くと薄日が射していて一安心。

 石老山バス停からまもなくのところにトイレ。その脇にスペースがあり、人数確認と挨拶をして出発。相模湖病院の横を過ぎて山道となる。巨大な岩のかたまりが点在する道を登り、柳原白蓮のお墓があるという顕鏡寺に。トイレもあり、一息入れて融合平見晴台へ。相模湖を眼下に陣馬山方面を見渡す。さらに高度を上げていくと登山道の脇にはうっすらと雪。白い雪を目にしながら石老山山頂に着いた。

 山頂からの視界は広くはないが、丹沢方面を望む。生憎の曇り空で富士山は姿を隠したまま。広いテーブルが数個あり、先着グループが食事をしていた。山頂は一段と寒い。短時間で食事を済ませ、山頂の標識をバックに川崎支部の寺田さんのカメラで記念の集合写真におさまり、下山開始。下山路は雪や凍結の難所を心配したが、雪や凍結箇所もなし。冬枯れの明るい雑木林の山道は気持ちがよく、順調に大明神展望台に到着。360度の眺望を楽しんだ。その後、一気に沢沿いの道を降り、下山口に降り立つ。軽アイゼンの出番はなく、予想していたより早い下山だった。

 キャンプ場を抜け、舗装路をプレジャーフォレスト方面に。今回はバスではなく、舟で相模湖を縦断して相模湖駅へ出る計画で電話予約。舟乗り場分岐に掛けられた運航・運休を示す表示板は「本日運休」となっていたが、舟業者に頼まれて、裏面の「運航中」に掛け直して、湖岸の船着き場に降った。珍しい体験か、みんな童心に返ったように大はしゃぎし、湖面からの風景に見とれながら、約10分の船旅を楽しんだ。

 八王子駅近くのいつもの居酒屋で予定どおりに16時前から懇親会。両支部併せて18名が出席。和室の部屋に席をとる。ビールで祝杯を挙げ、暖かい飲みもので身体を温めながら交歓。盛り上がるなか、最後に三本締めで一層の交流を深めた会は無事お開きとなった。(佐藤邦弘)


融合平見晴台

石老山山頂にて

山頂から大明神山へ

大明神山の祠

冬枯れの下山路

山行記録に戻る 

8.三ツ峠山/開運山、霜山、天上山

期 日:2月16日(土) 日帰り 晴れ

参加者:L神谷敏裕、SL大貫文正、繁村純夫、佐藤邦弘、白石克人、澤田治之 計6名

コース:町田BC6:50=(高速バス)=8:45河口湖駅9:05=(バス)=9:40三ツ峠登山口9:4511:25三ツ峠山(開運山)11:5513:33霜山13:3814:25天上山14:2515:15河口湖駅16:00

費 用: 高速バス1,800円(町田-河口湖)、バス730円、電車(河口湖-町田)2,284円

 今回の参加者のうち5名は高速バスを利用。このバスは富士急ハイランドに遊びに行く人を狙った路線のようで、我々以外は若い人ばかり。乗車率は半分以下で、途中渋滞もなく快適に河口湖駅に到着。河口湖駅前はかなりの人で、ほとんどは外国人のようだった。

 三ツ峠登山口行きバス(本来は天下茶屋行きだが冬季は登山口止まり)に乗り継ぎ、御坂側から頂上を目指す。バス停から10分程歩くと駐車場があり、ここから林道となる。この林道は頂上直下の山荘に物資が運べるように、車が通れる道となっている。道幅はあるが北側斜面のため、暫く上ると所々雪が固まってアイスバーンとなっている。アイゼンは着けなかったが、慎重に登らないと転倒の危険性がある。

 1時間30分弱で頂上直下の山荘に到着。屏風岩を覗くと、ロッククライミングをしている人がいた。最後は急な階段となるが、途中まで登ると、富士山、南アルプスが見えてくる。八ヶ岳方面は雲に覆われていたが、白い雪を被った富士山、南アルプスがくっきりと見えた。山頂に登ると、何も遮るものがなく正面に富士山、右側には黒岳の彼方に南アルプスが、左側には丹沢山系が連なって見える。しかもポカポカ陽気で風もなく、頂上でも全く寒くないため、ここで昼食を摂ることとした。山頂には全く雪はなかった。

 下りは河口湖畔まで長く伸びる府戸尾根を下る。富士山に向かって歩いていくことになるが、気温が上昇したせいか富士山が正面によく見える送電線鉄塔まで下りると、雲の中にぼんやりと富士の頂上が見えるだけとなってしまっていた。また、途中ぬかるんでいる個所はあるが、山道に雪は全くなかった。更に進み天上山まで来ると、観光客をチラホラ見かけるようになり、カチカチ山に至ると大勢の外国人に出会うこととなる。ここからはほとんど階段で、山を下りると河口湖駅までは10分程の道のり。

 帰りは予定していたホリデー快速富士山号に余裕で間に合った。この列車はJRで現在特急として使われている車両で、しかも乗車券だけで乗車できる。ビールを片手に、八王子まで快適に帰ることができた。 (神谷敏裕)


三ツ峠(開運山)山頂にて

黒岳の背後に連なる南アルプス

頂上から富士山を仰ぐ

山行記録に戻る 

9.東丹沢/茨菰山~仙洞寺山

期 日:2月17日(日) 日帰り  晴

参加者:L安瀬はる江、SL佐藤邦彦、前田省吾、矢澤孝二、長谷千秋、黒澤寿子、峰尾欽二、山本正、若松節子、服部 健、中村和江、花崎 豪、(支部外)3名    計15名 

コース:橋本駅7:55=バス=鳥屋郵便局前8:509:00―鉄塔9:1525ー茨菰山9:5010:00―三角山巡視路入口(ほおつき橋)10:3545ー三角山山頂11:3012:00P45012:5055―仙洞寺山13:2030―P27014:4515:00―三ヶ木B・S15:2225=バス=橋本駅15:55

後回しになっていた仙洞寺山に足を運んだ。低山の寂峰を繋げると個性豊かで意外な発見があった。宮之前の集落からは目的の三座が手に取るように見え、登高意欲が湧く。茨菰山へは最初は巡視路で、標高380mの林道からは作業道を辿る。道幅は広いが、覆い被った茨で閉口した。ここで剪定鋏が活躍する。山頂は桧林の一角で、展望もなく暗かった。山頂直下は急なので、巻いて下りる。林道を横切り、スズタケの茂る尾根を車道へと下る。随所にテープが目立った。ここから三角山(515.5m)の稜線へは整備された巡視路が延びていた。三角山山頂の真ん中に無線電波塔が立ち、折角の風情が台無しだ。日溜まりで昼食を摂る。冬枯れの樹間からは丹沢や道志の山々が望め、しばし長閑な時間を過ごす。鞍部に戻り、登り返すとババ山金太郎大権現の社があった。急な階段の参道は、手すりを頼りに下りる。P415(山ノ神沢の頭)を越し、P450までは急な直登で我慢の登りだった。仙洞寺山へは緩やかに登る。深山の趣で、大木が多い。足下には倒木があり、薄い灌木が気になった。山頂は小広いが樹木で囲まれ、展望はなかった。P541からはさがみの森で一変して遊歩道が続く。木々には名札が付いていた。P482は下山が急なので、林道で巻いた。途中からショートカットして尾根を歩く。標高250mで林道を分け、北側の山道に入る。そして最後は今日最強のスズタケの藪を2,3mもがいて原っぱに飛び出した。目前が開け、南高尾の山陵が広がっていた。(安瀬はる江)


三角山稜線

さがみの森遊歩道

茨菰山

急登後の休憩

三角山と仙洞寺山

ババ山金太郎権現

金太郎権現参道

仙洞寺山山頂

山行記録に戻る 

10.町田・横浜・川崎/ 成瀬尾根~岡上を歩く

期 日:2月26日(火) 日帰り 曇り

参加者:L佐藤邦弘 小原紀子 前田省吾 長谷千秋 宮澤恵子 上野 進 市川静子 本山まり子 

     杉江秀明 武末範子 山口音子 大貫文正 合田英興 若松節子 服部 健 花崎 豪

     中川英子 白石克人 渡部由美子  計19名

コース:成瀬駅915―成瀬尾根末端938―成瀬山吹緑地(展望地)9501000―恩田の谷戸―風の広場―スーパー三和 子供の国店10581110―三輪さくら通り公園(昼食)11321205―岡上営農団地入口1221―岡上神社1255―東光院1310―鶴川駅1330

 町田市と横浜市青葉区の境界となっている成瀬尾根。宅地開発の波から辛うじて守られて、貴重な緑が残され、展望地からは町田市街はもちろんのこと、富士山や南アルプスも眺められるという。岡上は町田市と横浜市青葉区に囲まれた川崎市の飛び地で、のどかな田園風景に触れることができる地域。いずれもウォーキングコースとして紹介され、よく歩かれているようだ。この二つを結ぶと3時間半程度の適度な歩行時間となる。ネット情報等を参考にして計画してみた。

 横浜線成瀬駅から恩田川を渡り、桜並木の川沿いを歩き、成瀬街道に出る。吹上バス停のところから、高台に延びる住宅地のなかの道に入り、階段を上がると成瀬尾根。道の左側が町田市、右側が横浜市。横浜市側に進み、空に突きでる長津田駅近くのタワーマンションを望む。境界の尾根道に戻り、北進。横浜市側は住宅が建ち並ぶ。間もなくして町田市側に開けた広い草地が現れる。ここが展望が利く山吹緑地。生憎の曇り空で視界は悪く、山岳展望図が設置されていたが、期待の展望は諦めざるを得なかった。さらに先に行くと、横浜側に谷戸が出現。雑木林のなかの踏み跡を辿って、谷戸に降り立つ。里山らしい好ましい風景が広がる。畑をまわって成瀬尾根に再び出る。風の広場で小休止して、自然の空気を吸いながら、成瀬台の住宅を横目に進んで行くと、尾根は寸断されて車道に突きあたる。ここを右折してこどもの国駅方面へ。

 霊園、TBS緑山スタジオとこどもの国の間の道を歩き、緑が多く閑静な三輪緑山の住宅地の脇を抜け、川崎市の飛び地の岡上に向かう。菜の花が出迎えてくれて、田園が広がる岡上営農団地が姿を現す。野菜、いも、りんごなどいろいろと作られているようだが、柿の木が目に付く。民家の広大な庭に所狭しと福寿草の花が咲き乱れているのにはビックリ仰天。低地に造られた営農団地の中を走る道をまわりながら、のどかな農村風景を楽しみ、坂道を進んで岡上神社の裏に着く。立派な神社でその地の神社として大切に守られていることがうかがえた。

 岡上神社から古刹 東光院へ。騒がしい大通りから少し奥に入ると、森の中に荘厳な建築様式の寺院がたたずんでいる。手入れが行き届いた境内は静寂そのもの。紅梅をバックに集合写真におさまった。最後の見どころを終え、鶴見川沿いを歩いて行くと、終着点の鶴川駅は近かった。(佐藤邦弘)


好天ならば好展望地の成瀬山吹緑地

恩田の谷戸を周回

恩田の谷戸

岡上の民家に咲き乱れる福寿草

岡上の田園風景

岡上神社

岡上の東光院にて

山行記録に戻る 

11.八ツ/硫黄岳

期日:3月2日(土)~3日(日)一泊二日

参加者:L矢澤孝二、SL神谷敏裕、前田省吾、松本悦栄、堤理恵子、山本正、横川芳江 計7名

コース:大宮駅7:18=小海駅9:1625=みどり池入口9:5010:00-しらびそ小屋(みどり池)11:5012:20-本沢温泉13:40(泊)~7:25-夏沢峠8:4555-硫黄岳10:1030-赤岳鉱泉115012:30-美濃戸口14:2045=茅野駅15:2045=八王子駅17:31

昨年に続いて3月始めに硫黄岳山行を実施。今年は雪の本沢温泉に泊まりたくて、交通不便ではあるが、佐久からのコースを採ったのだった。

ジャンボタクシーで稲子湯の奥まで入る。雪は浅いが道は凍って滑りやすい。この辺りは昨年秋の台風でずいぶん荒れたそうで、コースが付け替えられていた。凍結したみどり池の畔にはしらびそ小屋。原生林の上に硫黄岳の岩壁が聳え立つ。急峻な山肌に雪を着け、その上には真っ青な空。今日の空は藍に近い色あいの、それでも澄んだ透明度の高い青空だ。風もなく、すでに3月。日射しは着実に強くなっている。薪を焚く煙の香りを嗅ぎながら、雪の積もったベンチを払って、しばしランチタイムとする。

みどり池から上は雪も多くなったおかげで凍ったところもなくなり、コメツガの原生林も深くなる。そこかしこで鳥たちの囀りもかまびすしい。足許は冬だけれども、森の生き物たちは、もう春の活動を始めているのだ。雪道を楽しみながら本沢温泉に着いた。

さぁ早速温泉だ。母屋の下の離れが湯屋になっている。脱衣所から入ると、5~6人の大きさの湯舟も木造りだ。赤い鉄錆色のお湯は熱くても軟らかい。いったん出た後10分ほど歩いた先の、日本の最高所という野天風呂に向かう。少し谷に下りた雪の斜面、見上げる硫黄岳の下、ぷんと鼻を衝く独特の臭い。木の枠の白濁したお湯は、湯の精も豊富な硫黄泉だ。あぁ大らかな深い山の中、ゆったりといで湯に身体を溶かしたのだった。

先ほどまで陽光を感じさせた太陽も硫黄岳の稜線に隠れ、谷あいは夕暮れが近づいてきた。けれども一面の雪の山肌は明るさを失わず、かえって冬枯れの枝々がはっきりと浮き上がって見えている。5時半ころから夕食。泊りの個室は炬燵があるものの寒く、蒲団をたくさんかけて7時半ころには横になった。

翌日の朝は一転して曇り空、昨夜はあれほどの星空だったのに。軒下の寒暖計はマイナス5度を指している。朝食の後、アイゼンをしっかり装着してさあ出発だ。

稜線に近づくにつれ雪も深くなって風が強くなってきた。夏沢峠では風を除けて装備を確認、樹林帯を抜けて岩稜に出た。右手後ろには北アルプスが(堤さん)スポットライトを浴びているように輝いて見えていた。乗鞍岳、御嶽も望まれていたが、背後に天狗岳が競りあがってくるころには風の中に雪が混じり、展望もなくなる。登るにつれ風はますます強くなり、身体も白くなっていく。ケルンで風を避けて一息つき、硫黄岳に登り着いた。細かい雪が吹き付ける、まだ真冬の、厳しい2700㍍の山頂だった。

下りは反対側の赤岳鉱泉へ。赤岩の頭までの岩稜は昨年よりも雪が多く、ガスに巻かれ、風でルートも消えていて、経験がなければ不安に思うような今日の状況だった。

樹林帯に入れば風もなくなり、順調に赤岳鉱泉に到着。昼食の後少しペースを早め、美濃戸口のバスで茅野に向かったのだった。(矢澤孝二)


みどり池からの硫黄岳

雪の中の野天温泉

本沢温泉の朝

夏沢峠へ最後の登り

硫黄岳へ、風が強くなってきた

雪と風が吹きつける硫黄岳山頂

山行記録に戻る 

12.前道志/倉岳山北東尾根~大桑山北尾根

期 日:3月13日(水)日帰り 晴

参加者:L安瀬はる江、SL杉江秀明、前田省吾、上野 進、山口音子、大貫文正、若松節子、山崎洋子、繁村美知子、高木弘司(川崎支部) 計10名 

コース:梁川駅8:1530―立野登山口8:55ーP74710:0010―倉岳山山頂10:5511:05ー高畑山山頂12:0030ー大桑山13:0005―P67013:4050―藤崎バス停15:0002=バス=猿橋駅15:1823

倉岳山北東尾根は昭文社地図では最近破線路になったコースだ。取付き付近の藪は刈払いされ、明瞭になっている。立木には真新しいテープが随所に巻かれているが、道標類は一切なかった。尾根上にはトラロープの付いた長い急登が2箇所あり、滑り易く難儀する。痩せた岩稜帯もあり、緊張の連続だった。そんな中、咲き始めたサンシュウには癒やされ、ほっとする。昨年の台風の影響か根こそぎ剥がれた倒木が目立つ。登り着いた倉岳山山頂は意外に登山者が多かった。ここで、先を案じた一名が一般登山道で下山する。

縦走路を高畑山に向かう。道標を横目に直進して西尾根に入り込み、呼び戻される。1回目のミス。高畑山山頂では雲がとれた富士山を眺めながら昼食を摂った。午後からはトップをSLに交代する。稜線は100m程のアップダウンを繰り返し大桑山山頂に至る。大桑山北尾根はクラヤミ沢の左岸尾根になる。最初は地形図の破線路を追う。安心していると900mで北東尾根に引き込まれ、2回目のミス。猛反省をして、気を引き締めて進む。低木の植林帯からは雪を着けた大菩薩南陵や三ツ峠山が望めた。690mで破線路を左に分け北尾根に乗る。この辺りは好ましい尾根が続いた。420mで破線路は消滅して深い藪になる。皆と相談して440mの肩まで登り返す。東側に地形図上にない作業道らしきがあった。それを辿り、クラヤミ沢を徒渉して里にでる。車道に出ると藤崎バス停の前で、折り返すバスに運良く出会い、猿橋駅まで乗車した。(安瀬はる江)


青空にサンシュウユ

倉岳山北東尾根急登

倉岳山山頂

大桑山山頂

大桑山北尾根からの展望

なだらかな尾根

台風の爪痕?

山行記録に戻る