11月山行計画

1.
台高他/高見山一国見山、池木屋山,嶽ノ森山、大塔山        G4R2

期 日:11月2日(土)~4日(月) 前夜発二泊三日

係 : 萩原克己

集 合:1日(金)秦野駅南口:21時30分

コ-ス: 1日秦野駅=東名秦野中井一伊勢湾岸松坂IC(仮眠)

2日(土)=高見峠一高見山(往復)一伊勢辻山一国見山一明神平一大又=太地(泊) 8時間

3日(日)太地=一枚岩一上ノ峰一下ノ峰一一枚岩=大塔橋一大塔山一舟見峠=紀伊長島(泊)7時間

4日(月)紀伊長島=宮の谷林道一池木屋山(往復)=松坂IC=東名厚木=町田 6時間30分

地 図:昭文社大台ケ原、2万5千図木守、三尾川                装 備:日帰り

宿 泊:2日国民宿白鯨:TEL0739--59-2323 ¥8,600、3日四季活魚の宿紀伊長島¥10,000

備 考:関西100名山5座に登ります。マイクロバスをチャタ-します。
山行計画に戻る

2.御坂/黒岳北陵~南陵 G4(やや健脚)R2

期 日 :11月6日(水)日帰り 

 係  : 小磯登志子

集 合 : 勝沼ぶどう郷駅 8:15           *高尾駅発7:07甲府行 勝沼ぶどう郷駅着 8:09

コース : 勝沼ぶどう郷駅=タクシー30分=取付点―唐沢林道―1280m1434m―釈迦ヶ岳分岐―御坂黒岳―1554m―烏帽子岩―サニーデ前長崎公園入口バス停=河口湖駅   歩行時間: 6時間30分

    *栄和交通0120(086)336 *塩山タクシー 055(333)3200

エスケープル-ト:時間切れの場合は広瀬に下山

地 図 : 河口湖西部(1/25000)                      装 備 : 日帰り基本装備一式

その他 :3度目のトライです。南陵は富士を眺めながらの尾根ですが一部岩稜帯もあり変化に富んでいます。
    河口湖近辺の紅葉が見頃か?
山行計画に戻る

3.秩父/瑞牆山(行きたい山プロジェクト)  G4R2

期 日:11月7日(木) 日帰り

 係  :松宮俊彦 

集 合:韮崎駅830(八王子発6:35松本行⇒韮崎着828が便利)

コース:韮崎駅=(タクシー)=瑞牆山荘―富士見平小屋―伐採小屋跡―瑞牆山―伐採小屋跡―富士見平小屋―瑞牆山荘=(タクシー)=韮崎駅

昭文社地図:金峰山・甲武信   歩行時間:約5時間15

備 考:「行きたい山」プロジェクト。日本百名山。

日が短くなるのでタクシー利用、懐中電灯必携。紅黄葉が残っているか?

山行計画に戻る

4. 奥多摩/雲取山 G4R1

期 日:11月8日()~9日()一泊二日    

係 :赤沼 隆司

集 合:奥多摩駅西東京バス鴨沢西行きバス停8:10     ※バス出発8:42

コース: 鴨沢-堂所-七ツ石小屋-ブナ坂-奥多摩小屋-雲取山-雲取山荘(泊)-白岩小屋-お清平-三峯神社=西武秩父

※希望者は三峯神社奥の興雲閣で入浴及び昼食、直帰の方は三峯神社発(バス)11:30 ? 西武秩父着12:45                           
地 図:昭文社「雲取山・両神山」                                   食 事:1日目昼食、及び行動食は持参

装 備:小屋泊まり装備一式及びヘッドライト

締め切り:10月例会時にいったん参加者を締め切って、雲取山荘の予約をいたします。      

         宿泊さえ手配できれば、直前でのご参加でも結構です。

山行計画に戻る


5.丹沢/檜岳~タケ山  G5R2

期 日:11月16日(土) 日帰り

 係  :佐藤邦弘 

集 合:小田急線渋沢駅改札前  7:10   ※北口よりタクシー乗車

コース:渋沢駅=寄大橋―檜岳南東尾根取付点―檜岳山稜檜岳―伊勢沢ノ頭―秦野峠―林道秦野峠―ダルマ沢ノ頭―虫沢林道横断―タケ山―タケ山富士見台―タケ山展望台―虫沢橋―田代向バス停=新松田駅          歩行時間:約6時間30分             地 図:125000=中川、山北

備 考:「はなじょろ道」に続き、20175月に地元住民の手によって、タケ山(710m)に延びる「タケ山古道」が復活開通したという。当初計画の逆回りとし、最後にタケ山を訪ねます。渋沢駅北口からタクシー利用で寄大橋まで入り、時間短縮。タクシー代1台約3200円。田代向バス停新松田駅行時刻 154016501735  日没時刻 16:35頃。ヘッドランプ必携。

山行計画に戻る

6.島根・山口/青野山・十種ヶ峰(とくさがみね)・莇ヶ岳(あざみがたけ)・

東鳳山(ひがしほうべんざん)、津和野観光 G3R2

期 日:11月19日(火)~21日(木)二泊三日

係 :吉田和興

集 合:羽田第2ターミナル2F2時計塔730

コース:11/19 羽田8:00JAL291)=山口宇部空港=青野河原登山口―青野山―笹山登山口―河原登山口=鷲原八幡宮―津和野城跡―太鼓谷稲成―西周旧宅―鷲原八幡宮

11/20 神角登山口―十種ヶ峰―登山口=莇ヶ岳登山口―正面コース―莇ヶ岳―尾根コース―登山口=津和野散策

11/21 錦鶏の滝入口―錦鶏の滝―東鳳―ショウゲン山―萩往還道=瑠璃光寺=山口宇部空港20:05SFJ016

歩行時間:初日;4時間、2日目;2時間20分+2時間20分、3日目;4時間10

宿 泊: 初日;津和野/若さぎの宿、2日目;湯田温泉/翠山荘(変更の可能性あり)

予 算:46,000前後(レンタカー参加人数等により異なる)

地図他 : 山渓の分県登山ガイド「島根県の山」と「山口県の山」を参照下さい。

その他 : 津和野城跡、太皷谷稲成などの 津和野観光と併せて登ります。莇ヶ岳はミニ石鎚山、長い鎖場がありますが巻くことも可能です。東鳳山は中国地方では人気の山、萩往還道の一部を歩きます。

申し込み:係が航空券を一括購入する場合は825日まで。ご自分で購入される場合は9月末まで(45日前の購入でも料金は大きく変わりません)。

山行計画に戻る

7.奥多摩/海沢(うなざわ)探勝路~大岳山   G4R2

期 日:11月20日(水)日帰り 

係 :安瀬はる江

集 合:20日(水)奥多摩駅8:45

コース:奥多摩駅=タクシー=海沢園地―滝観賞―海沢探勝路―大岳山―白倉=バス=武蔵五日市駅      

地 図:昭文社=奥多摩  1/25000=武蔵御岳    歩行時間 5時間30分(滝観賞時間含)

その他:紅葉時に個性的な三つの滝をじっくり観賞して、急登もある破線路をじっくりと登ります。下山は最短の一般登山道です。  復路バス時刻 14:54 15:54  

山行計画に戻る

8.八王子/天合峰周辺を歩く  G1R1

期 日:11月26日(火) 日帰り

 係  :佐藤邦弘 

集 合:JR八王子駅北口バス停 ⑦番のりば 9:10発 川上霊園行バスに乗車

コース: JR八王子駅北口=川口橋バス停―龍生寺―熊野神社―弁天池―長楽寺―稲荷神社―金刀比羅神社(金比羅山)―天合峰―三光院―八雲神社・熊野神社―森下バス停=JR八王子駅北口

歩行時間:約3時間00分                        地 図:125000=拝島

備 考:天合峰は八王子市北西部に位置する川口丘陵と呼ばれる低い山なみの一角にある里山。目下、山を切り崩しての開発計画が進められているようです。あまり知られていない場所ですが、探索を兼ねて、出掛けてみましょう。

山行計画に戻る

9.北上山地/兜明神山・姫神山・安家森・鯨山 G3R2

期 日: 11月28日(木)~30日(土) 二泊三日

係  : 萩原克己

集 合:28日(木)東京632はくたか1

コース:28日(木)盛岡=レンタカ-区界一兜明神山一岩神山一兜明神山一区界=一本杉一姫神山一一本杉=いわて沼宮内(泊)

29日(金)いわて沼宮内=袖山高原一安家森一遠別岳一安家森一袖山高原=久慈(泊)

30日(土)久慈=陸中山田=青少年の家一鯨山一青少年の家=陸中山田=釜石=盛岡

歩行時間:286時間30294時間303時間30

地 図:陸中南山形他      装 備:日帰り装備、軽アイゼン

備 考: 新・旧・の東北百名山を登ります。大人の休日クラブ東北¥15,000を使います。(1128日~)

28日 ビジネスホテル西根:℡0195-75-1800 ¥7,000

29日 久慈:侍の湯℡0194-58-2300、¥8800

山行計画に戻る

10. 奥秩父/古礼山南西尾根~笠取小屋~倉掛山        G4R2 

期 日 : 11月30日()~12月1日()一泊二日

係  : 小磯登志子

集 合 : 塩山駅北口タクシー乗り場 8:20  *高尾駅発7:06(甲府行) 塩山駅着8:14 

コース : 1日目:塩山駅=道の駅みとみ―1334m1491m1639m―古礼山―雁峠―笠取小屋(素泊)

2日目:笠取小屋―ヤブ沢峠―斉木峠―白沢峠―倉掛山―藤谷ノ頭―ハンゼノ頭―柳沢峠=(タクシー)=塩山駅          歩行時間 : 1日目 5時間40分、 2日目 6時間   

地 図 : 昭文社/大菩薩嶺               費 用 : 笠取小屋(素泊) 4000

装 備 : 笠取小屋は素泊の為食事は共同。炊事道具・食材の分担有ります。 防寒着、軽アイゼン

その他 : 古礼山南西尾根はバリエーションルートで急登・藪があります。

    笠取小屋から柳沢峠間は一般道の明るい尾根歩きです。エスケープルートは亀田林業林道
山行計画に戻る

12月山行計画

1.箱根/まぼろしの六方の滝 を訪ねる  G2R2

期 日:12月3日(火)  日帰り

 係  :佐藤邦弘 

集 合:JR湯河原駅 4番のりば 9時35分発 箱根町港行バスに乗車

コース:JR湯河原駅=箱根レーダー局前バス停―土肥大杉跡石碑(土肥大杉跡入口)―中尾沢入口―六方の滝―中尾沢入口―白銀林道―水道施設ゲート―大石ヶ平―吉浜財産区記念碑―幕山公園―幕山公園バス停又は鍛冶屋バス停=JR湯河原駅                          歩行時間:約4時間30分

地 図:1/25000=箱根

備 考:六方の滝は新崎川の上流にある滝で、六角形の柱を並べたような岩盤から流れ落ちていることから、その名がつけられたようだ。最近、ネットで山行記録が散見されるが、人が踏みこまないような山中にあるため、地元ではまぼろしの滝とも呼ばれているという。

山行計画に戻る

2.佐賀・平戸/雷山、十坊(とんぼ)山、安満岳志々岐山、虚空蔵山、天山      G2R1

期 日:12月3日(火)~12月5日(木)二泊三日

係 : 吉田和興

集 合: 羽田第2ターミナルSKYカウンター前710

コース:12/3(火)羽田7:40SKY003)=福岡空港=雷山スキー場跡(電波塔林道終点)-雷山-駐車地=白木峠登山口-十坊山-白木峠=唐津=玄海町

12/4(水)大浦の棚田/浜野浦の棚田=平戸=春日集落=安満岳登山口P-安満岳-登山口P=平戸観光/昼食=志々岐山神社P-志々岐山-志々岐山神社P

12/5(木)木場登山口-冒険コース-虚空蔵山-家族連れコース-登山口=天山9合目P-天山-9合目P=(九千部山)=福岡空港20:00SKY024

歩行時間:初日;2時間20分、2日目;2時間10分、3日目;2時間20

宿 泊:  初日;玄海町/漁家民宿要太郎(未定)2日目;平戸/愉快リゾート蘭風

予算:46,000前後(レンタカー参加人数等による)

地図他: 昭文社=福岡の山々。山渓分県登山ガイド福岡・佐賀・長崎県の山を参照下さい。

その他: 平戸の安満岳は養老二年(718)に白山権現を分霊勧請したと伝わる信仰の里山、その後、春日集落隠れキリシタン信仰のシンボルとなり、世界文化遺産に指定された。

志々岐山は離島を除く日本西端の山。長崎県境の虚空蔵山は通称九州のマッターホルン。他の山は背振山系の山で玄界灘などの展望に優れる。

申し込み:係が航空券を一括購入する場合は920日まで。それ以降になる場合は各自で航空券を購入ください。

山行計画に戻る

3.相模湖北部/孫山東尾根~矢ノ音南尾根(本部合同)  G3R1

期 日:12月7日(土) 日帰り

 係  :佐藤邦弘 

集 合:JR中央線相模湖駅前  9:15 

コース:JR相模湖駅―小原の郷―徒渉―354m―448m―孫山―大平小屋―矢ノ音―大久保山―与瀬宿一里塚―JR相模湖駅                          歩行時間:約4時間30分

地 図:1/25000=与瀬                              高尾山登山詳細図=吉備人出版

備 考:相模湖駅から歩き、相模湖北部の低山を周回して相模湖駅に戻ります。近場の歩く人が少ないル-トだが、近くを走る中央高速の騒音が、いささか気になるのが難か。本部合同山行として実施。いつもながらご協力をお願いします。 

山行計画に戻る

4.前道志/大桑山~九鬼山   G3R1

期 日:12月11日(水)日帰り 

係 :安瀬はる江

集 合:11日(水)猿橋駅8:30  (高尾発7:43河口湖行)

コース:猿橋駅=タクシー=鈴ケ音峠―大桑山往復―鈴ケ音峠―高指―871―九鬼山―

P637.7―田野倉駅     歩行時間 5時間35分

地 図:昭文社=高尾・陣馬  1/25000=都留   

その他:前道志山稜線繋ぎ3回目。大桑山への適当な直登コースが見当たらず、稜線歩行に時間をかける為タクシーを使います。    

山行計画に戻る

5.伊豆/松川渓谷、ナコウ山(忘年山行)G1R1

期 日:  12月21日(土)~22日(日)一泊二日      

 係 :    矢澤孝二

集 合:  熱海駅9:38発 伊豆急下田行き列車車内        ※南伊東駅下車、バス乗り換え時間8分です

(町田駅8:00=小田原駅8:549:08=熱海駅9:31)(横浜駅8:08=熱海駅9:31

コース:南伊東駅10:0412=八代田10:20-万葉の道-松川湖(奥野ダム)-松川渓谷-さくらの里-シャボテン公園=ルネッサ城ヶ崎-保養所15時ころ(泊)~8:15-ルネッサ城ヶ崎=伊東駅=宇佐美駅-ナコウ山(352㍍)-網代駅14時予定(解散)~14:3315:02)=熱海駅14:4615:15) 

地 図:昭文社=伊豆、1/25000=網代、伊東 歩行時間:初日約4時間、二日目約4時間

宿 泊: 伊豆高原ユートピア            静岡県伊東市八幡野萩ヶ洞1090-20              TEL.0557-53-3061

              https://izukogenyutopia.com/

会 費: 1万円(宿泊7,000+舟盛、飲み物代ほか)

備 考: 2日目は江戸城石垣などの石切り場遺跡で、一部ルートが不明瞭なところがあります。

宿泊は温泉保養所です。予約開始が10月1日のため、9月いっぱいまでに参加予定の方はお知らせください。3日前までキャンセル可能です。10月以降でも空きがあれば追加可能です。

山行計画に戻る

6.伊那/陣馬形山・本高森山 G3R2

期 日:12月27日(金)~28日(土)一泊二日

係 : 萩原克己

集 合:バスタ新宿630集合

コ-ス:新宿645(バス)=1015駒ケ根駅=レンタカ-陣馬山登山口一頂上一登山口=望岳荘(泊)=登山口一前高森山分岐一本高森山一登山口=駒ケ根駅(バス)=新宿 歩行時間:3時間30分+4時間

地 図:25,000分の1、赤穂、伊那大島、安平路山                                    装 備:日帰り装備、軽アイゼン 

備 考:信州120山の2座に登ります。宿泊は中央、南アルプスが望見出来る大展望風呂が人気の望岳荘に泊まります。

山行計画に戻る

1月山行計画

1.茨城/筑波山北ルート G3R2

期 日 :1月3日(金)日帰り

 係  : 小磯登志子

集 合 : 秋葉原駅7:30発つくばエクスプレス快速つくば行き車内

コース :つくば駅=タクシー=北坪―329m443.8m463m―つくば高原キャンプ場―女体山(男体山往復)―弁慶茶屋跡―筑波山神社入り口=バス=つくば駅         歩行時間 : 5時間30分   

地 図 : 25千=真壁、筑波 昭文社=赤城・皇海・筑波

装 備 : 基本装備一式、軽アイゼン、スパッツ、防寒着

その他 : 2014年に冨重さんが計画されたコースです。

地図読みしながらブナ林を抜けて関東の名山に登りましょう。

山行計画に戻る

2.丹沢/聖峰(新年山行)  G2R1

期 日:1月5日(日)  日帰り

 係  :佐藤邦弘 

集 合:秦野駅バス停 4番のりば 9:10発曽屋弘法行バス乗車

コース:秦野駅=御嶽神社入口バス停―御嶽神社―名古木の棚田―念仏山―聖峰分岐―聖峰―塔の山東側入口―展望広場―塔の山―西側入口―坪ノ内交差点―吾妻山分岐―鶴巻温泉駅

地 図:1/25000=伊勢原                 歩行時間:約4時間00分

備 考:新春を慶び、2020年もまた健康で安全な楽しい山行ができますよう、広くて眺望の良い山頂で乾杯しましょう。恒例のあったかいおでん鍋をみんなで囲みます。

参加者は各自、レトルトのおでん1袋、お箸、食器を持参。お酒、おつまみ等はご自由にどうぞ。

山行計画に戻る

3.奥武蔵/子の権現     G4R2

期 日:1月11日(土)  日帰り  

係 :安瀬はる江

集 合:11日(土)西武池袋線吾野駅 9:00 (八王子7:45東飯能8:30、 池袋7:39飯能8:28

コース:吾野駅―吉田山―子ノ権現―竹寺―P548―ノボットー原市場中=バス=東飯能駅

歩行時間:5時間20分                  地 図:昭文社:奥武蔵・秩父 1/25000=原市場・飯能

備 考:干支の山。子ノ権現は足腰の神様が祀られ、金のワラジは圧巻です。状況により下山路の変更あります。   復路バス時刻 15:3115:5116:18

山行計画に戻る

4.丹沢/石尊沢左岸尾根~大山  G4R2

期 日:1月18日(土)  日帰り

 係  :佐藤邦弘 

集 合:厚木バスセンター 9番のりば 8:00発 広沢寺温泉行バス乗車

      ※厚木バスセンターは本厚木駅北口から徒歩約3分のところにあります

コース:厚木バスセンター=広沢寺温泉バス停―山ノ神隧道―不動尻―三峰山分岐―唐沢峠―唐沢川―石尊沢左岸尾根(ネクタイ尾根)―大山北尾根合流―大山―ヤビツ峠分岐―富士見台―大山阿夫利神社下社―阿夫利神社駅=ケーブル=大山ケーブル駅―大山ケーブルバス停=伊勢原駅北口

地 図:1/25000=厚木、大山                         歩行時間:約5時間45分

備 考:唐沢―黒岩区間の通行止めが最近解除されたので、宮ヶ瀬湖方面から大山北尾根に乗り、石尊沢左岸尾根を降ることを考えていたが、超ロングコースとなるため、当初のもくろみを変更した。石尊沢左岸尾根はかつてネクタイがたくさん木に吊るされているというので、ネクタイ尾根と呼ばれ、一時ネット上をにぎわしていたが、今はもうないという。確認を兼ねて再訪してみたい。

山行計画に戻る